ブログ

2021.03.31

'88 BMW M6 (E24) ステンレスマフラー完成

'88 BMW M6 (E24モデル)、

オリジナルステンレス製マフラー、取付完了しました。



ステンレスタコ足から出た2本のパイプを触媒へ。 触媒はスポーツキャタライザーを2個使用。



2本パイプのままサイレンサーへ。 サイレンサー内部は2本パイプをそのまま維持。



2本のテールパイプは、今回は垂直カット。



何とも心地いい、BMW E24 M6らしいサウンドが聞こえます。




'88 BMW M6 (E24) ステンレスマフラー完成 でした。


16:46 投稿 :Ra-i-ra



2021.02.21

'88 BMW M6 (E24) アルピナ・シャーシキット交換

'88 BMW M6 (E24モデル)、


今回は、ショックアブソーバー&サスペンションを交換します。アルピナ (ALPINA) 新品シャーシキットです。



ショックアブソーバーはビルシュタイン、コイルサスはアイバッハですが、ALPINAの刻印、シールが貼ってあります。



新品アルピナ (ALPINA) シャーシキット、、、約40万円します。




'88 BMW M6 (E24) アルピナ・シャーシキット交換 でした。


14:27 投稿 :Ra-i-ra



2021.02.18

'88 BMW M6 (E24) アルミ製 オリジナル・クーラーコンデンサー製作

'88 BMW M6 (E24モデル)、


今回は、まず オリジナル・クーラーコンデンサーを製作して、全クーラーシステムを新品交換します。


コンデンサーはアルミで製作します。


下側からみたところです。 パイプもアルミ製、専用設計されています。



この ”アルミ製 オリジナル・クーラーコンデンサー” は、従来の純正品の効率が悪かったのに対し、オールアルミを使用する事で放熱効果が高くなり、熱伝導率が良くなります。



システム上クーラーの効きが悪いと言われる、BMW&アルピナ、OLDモデルですが、交換後は効果を発揮して夏場でも快適な走りが楽しめるようになります。


コンプレッサー、リキッドタンク、エバポレーター、エキスパンションバルブ、リア側エバポレーター、リア側エキスパンションバルブを新品交換。



さらに、リキッドタンクインパイプ、リキッドタンクアウトパイプはアルミで専用品になっています。


高圧ホースも一部専用品に作り替え、低圧ホースも製作しました。



クーラーガスは134aに変換。 夏場、クーラーが効くのが楽しみです。




'88 BMW M6 (E24) アルミ製 オリジナル・クーラーコンデンサー製作 でした。


12:17 投稿 :Ra-i-ra



2021.02.12

'88 BMW M6 (E24) ハイパフォーマンス・アーシングセット(パワーケーブルセット)取付

'88 BMW M6 (E24モデル)、


今回は、ICE処理を施した、ハイパフォーマンス・アーシングセット(パワーケーブルセット)を取付します。


まずバッテリー側、、、



ICE処理を施すことにより、電流を流した際の物質を構成する分子のぶつかり合いが少なくなり、電気抵抗が押さえられ通電効果が改善されて、エンジンの始動性、パワーアップ、レスポンス改善などの効果が得られます。

ハイパフォーマンス・アーシングケーブルとバッテリーマイナス端子を交換します。 金メッキのバッテリーターミナルにもICE処理を施しています。



次に、エンジン側。

エンジンブロックとフレームをハイパフォーマンス・アーシングケーブルで繋ぎます。



金メッキの端子にもICE処理を施しています。

先に装着したステンレスタコ足が見えています。



ついでにパワーウィンドリレーとスターターリレーを、ハイパフォーマンス・アイスリレーに交換します。



これによりパワーウィンドの動きが速くなり、エンジン始動性能が上がります。



'88 BMW M6 (E24) ハイパフォーマンス・アーシングセット(パワーケーブルセット)取付 でした。


13:23 投稿 :Ra-i-ra



2021.02.10

'88 BMW M6 (E24) ステンレスタコ足&マフラー製作

'88 BMW M6 (E24モデル)、


今回は、ステンレスタコ足&マフラー製作です。


まずは、ステンレスタコ足と純正エキマニを交換します。



すでに取り外して併せている状態ですが、スタッドボルトが折れてしまうとエンジンヘッドを降ろすことになりますので、簡単にはエキマニを外させてはもらえませんでした。

マフラーより先にステンレスタコ足を装着します。



タコ足の出口パイプに合わせてオリジナルステンレスマフラーを製作していきます。



ステンレスタコ足から2本パイプのまま触媒まで、2個の触媒はスポーツキャタライザーを使用します。

製作したサイレンサー内部も2本パイプを維持して、そのままマフラーエンドまで。



今回は、マフラーエンドのカットは角度を付けずに垂直にカット。

オリジナルステンレスマフラー、、、仮合わせ中です。



'88 BMW M6 (E24) ステンレスタコ足&マフラー製作 でした。


11:14 投稿 :Ra-i-ra



2021.02.03

'88 BMW M6 (E24) ブレーキキャリパーOH&ローター交換

'88 BMW M6 (E24モデル)、


ブレーキキャリパーが固着気味・・・



フロント・リアともオーバーホールしたついでに・・・ ローターを BMWアルピナ(ALPINA)用 新品ブレーキローター に交換しました。

フロント側は、ディンプル(非貫通)にスリット6本を組み合わせたローターです。



リア側は、スリット6本のローターです。



ローター側にハブボルトが付いていたのでそのまま使用してありますが、深い意味はありません。



'88 BMW M6 (E24) ブレーキキャリパーOH&ローター交換 でした。


11:16 投稿 :Ra-i-ra



2020.09.25

'85 アルピナB7ターボ/1 クーペ (BMW E24) STORY ~Last episode~

N社長の'85 アルピナB7ターボ/1クーペ (BMW E24)、 (BMW ALPINA B7 TURBO/1 COUPE)



歴代ALPINA社の中で後世までその名を残すであろう、名車アルピナB7ターボ/1クーペ (BMW E24)





ここまで、復活までのエピソードを1~29まで書きました。




今回は、アルピナB7ターボ/1クーペのストーリー完結、ラストエピソードです。



2016年6月11日、12日・・・ ノスタルジックカー・フェスティバル名古屋



復活を遂げたアルピナB7ターボ/1クーペ・・・



ノスタルジックカー・フェスティバル名古屋。


ここからさらに進化を遂げるであろうアルピナB7ターボ/1クーペ・・・ ある意味、ようやくスタート地点に立てたのかもしれません。





そして、今現在・・・



アルピナデコラインをゴールドピンストライプから変更。



インパクトのあるアルピナB7ターボ/1クーペに進化しました。



'85 アルピナB7ターボ/1 クーペ デコライン貼り替え 1                


完結



'85 アルピナB7ターボ/1 クーペ (BMW E24) STORY ~Last episode~


13:44 投稿 :Ra-i-ra



2020.09.24

'85 アルピナB7ターボ/1 クーペ (BMW E24) STORY ~episode 29~

N社長の'85 アルピナB7ターボ/1クーペ (BMW E24)、 (BMW ALPINA B7 TURBO/1 COUPE)



遡ること数年・・・




歴代ALPINA社の中で後世までその名を残すであろう、名車アルピナB7ターボ/1クーペ (BMW E24)の復活までのストーリー・・・
エピソード29です。



途中でロードテストを行った時に、ABSランプが点灯しました。



ということで、ABSユニットを交換してみました。


ABSコンピューターも配線を点検・・・



ロードテストした結果、ABSランプは消灯しました。



続いて、いつの間にか燃料計が動いていないのでトランクルーム内・・・ インタンク燃料ポンプとレベルセンサーを新品交換。



アルピナB7ターボ専用エアフィルターのリングも交換しておきました。



次回はラストエピソードです。



'85 アルピナB7ターボ/1 クーペ (BMW E24) STORY ~episode 29~


12:44 投稿 :Ra-i-ra



2020.09.23

'85 アルピナB7ターボ/1 クーペ (BMW E24) STORY ~episode 28~

N社長の'85 アルピナB7ターボ/1クーペ (BMW E24)、 (BMW ALPINA B7 TURBO/1 COUPE)



遡ること数年・・・




歴代ALPINA社の中で後世までその名を残すであろう、名車アルピナB7ターボ/1クーペ (BMW E24)の復活までのストーリー・・・
エピソード28です。



今回は、エンジンルーム内のメンテナンス・・・ 



ヒーターバルブ、ラジエター、ファンシュラウド・・・


ウォーターポンプ、サーモスタット、ガスケット類・・・



ファンカップリング、ウォーターホース・・・ ALPINA品番が入ったB7ターボ専用ホースは1本5万円オーバーです。



サブタンク、ベルト、このプラグも交換しておきます。



パワステベルトはBMW純正と同じですが、ファンベルトとクーラーベルトはそれぞれ2万円弱ほど、ファンベルトとプラグは1本約4千円です。


交換後です。



つづく



'85 アルピナB7ターボ/1 クーペ (BMW E24) STORY ~episode 28~


11:05 投稿 :Ra-i-ra



2020.09.22

'85 アルピナB7ターボ/1 クーペ (BMW E24) STORY ~episode 27~

N社長の'85 アルピナB7ターボ/1クーペ (BMW E24)、 (BMW ALPINA B7 TURBO/1 COUPE)



遡ること数年・・・




歴代ALPINA社の中で後世までその名を残すであろう、名車アルピナB7ターボ/1クーペ (BMW E24)の復活までのストーリー・・・
エピソード27です。



今回は、車両下からのメンテナンス・・・ まずエンジンブロックのキャップから水漏れを発見。



キャップを新品に打ち換えておきました。


続いて、オイルフィルター下に付いている油温・油圧センサーが外れていたので接点を磨いて取付・・・



マフラーにもALPINA刻印・・・



続いて、ブレーキホースをステンレスメッシュブレーキホース に交換



燃料ポンプ、燃料フィルター、燃料ホースも交換・・・



ピットマンアームやマフラーゴムなども交換しておきました。



つづく



'85 アルピナB7ターボ/1 クーペ (BMW E24) STORY ~episode 27~


12:32 投稿 :Ra-i-ra



720 件中 110 件目を表示 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...72

ブログ



RSS2.0



ページの先頭へ戻る